墓の中

発言の無矛盾を目指します

明日出来る事は大体今日出来る

「未来の事は深く考えない」を実践すべく、休み明けの試験と向き合わずに京都に行ってきた。ミクロなレベルでもそのスローガンを実践すべく、その日の予定はその日起きてから決めた。

うわ言のように「明日出来る事は今日しない……明日出来る事を今日してはいけない……」と呟いていた。まるで自己洗脳である。

 

伏見稲荷神社と龍安寺清水寺ラウンドワン京都河原町店とらしんばん京都店を観光してきた。

 

伏見稲荷神社は、疲れた。ただ疲れた。長過ぎる鳥居に対する感情が感慨から憎悪に変わり、そして無となった。

山を下りた後のかき氷は格別に美味しかったので、そこは評価に値する。(しかし、勘違いしてはならない。ここで評価に値するのは伏見稲荷神社ではなく、麓のかき氷屋さんである。)

 

龍安寺の石庭は中学以来だった。あの頃は「侘び寂びって何やねん早く帰ってゲームしたい」と思っていたが、今行ったところ「あー風気持ちいいし一生ここでゲームしていたい」と思うようになっていた。

ゲームという即時的な快楽に飽きて侘び寂びを楽しめるようになるまであとどれくらい時間がかかるのか。

そもそも侘び寂びとは、一歩間違えれば「全てを諦めた状態こそ美しい」などという甘えた信条を抱かせてしまう可能性を秘めており、そんな容易にポンポンと感じて良い感情ではないのだろう。

 

京都清水寺。舞台を眺めて「いやここから飛び降りたら普通に死ぬでしょ」と思いながら歩いた。ちなみに、清水寺には音羽の滝というパワースポットがある。

f:id:paca_no_haca:20160828172053j:image

全然滝じゃない。がっかりした。パワーを全然感じないパワースポットだった。やる気あんのか。

 

東京に帰る前日の晩に、京都駅付近のソフマップNew3DSLLを買ってきた。(オタクなので、勿論色はメタリックブラックである。当然の事である。)

早未来の事など一切考えていなかった。自己洗脳の賜物である。

 

「明日出来る事は今日しない。明日出来る事を今日してはいけない。」

 

……うわ、やっぱり無理。今日からきちんと試験勉強頑張ります。