読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墓の中

発言の無矛盾を目指します

電撃大賞で一発当てたい

プロットも何も考えてない状態で、それだけで面白そうだと思わせるような「詐欺あらすじ」を書いてみようと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった。」

                                 ー『聖書』創世記1章31節

 

「世界」を創造された「神」が今でも存在すると誰もが信じ込んで疑わない時代。

とある狂人が「神は死んだ」と嘯いた。

これはただの戯言だったのだろうか。それとも本当に「神」は死んでいたのか。もし死んでいたとしたら誰が殺したのか。そして「神」の死後、一体誰が「世界」を支え続けていたのか。

いや、そもそもーー

 

ここに三つの物語がある。

一つは、駱駝の物語。

ただひたすら世界に耐え続ける孤独者の物語。

一つは、獅子の物語。

ただひたすら世界に抗い続ける支配者の物語。

一つは、小児の物語。

ただひたすら世界を肯い続ける創造者の物語。

 

「あなた」がこれらを読み終わったとき、自ずと次の物語が現れるだろう。

ただし、どうかお気を付けて。

 

「一度始まった物語は、終わるまで終われない」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

うーん、無理。ツァラトゥストラとファタモルガーナの館をほぼ丸パクリした。物語を作るのって難しいなぁ。

 

やっぱり神絵師になってコスプレイヤー(名家のお嬢様で、実家は超お金持ち)と結婚する方針で行こうと思います。